2012年03月31日

やっぱり価値が今一歩だからかなあ

もうすぐ、春の情報処理試験の季節がやってきました!
ここ2年間、高度位しか受ける物が無く、全く受からないでいますが、知識を落とさないために、積極的に受けています

そして、今年の受験者数が先日発表されていましたが、ちょっと気になることがありました
http://www.ipa.go.jp/about/press/20120316.html
応募者数が10%程減少しています。

その原因として
特に若年層の応募者数減少によるところが大きく、近年の情報サービス産業における業況や新卒採用者の減少などが影響しているものと考えられます。
と書いてあります。

後半部分は、それっぽい苦しい理由が付いていますが、多分現実は、こうじゃないと思います。
と言うのも、前半通り、本当に若手が全くこの試験を受けようと思っていないのです。

確かに、会社としては受けるように促しますが、受験するのは、中堅層が多いですね。
若手は、何だかんだ理由をつけて(勉強が足りない、その日に予定があるなど)、受ける気がありません

むしろ、基本的な用語を覚えるためにも、この試験を受けて欲しいのが先輩としての本音です(^^;
(個人的には、受かったらラッキー♪で良いかと。むしろ、勉強することが大事)

受けない理由も恐らく、あんまり価値が無いからでしょうね
この資格を持っていなくても、仕事ができなくなるわけじゃないですからね

他の職業では、割と必要な資格があって、それがないと上位の仕事ができないので、一生懸命になると思うのですが、IT業界は正直そんなのがありません。
どんなレベルの人(コピペしかできなくても)でも、それなりに仕事が出来てしまいます(バグがあるかどうかは別)

この際だから、「この資格がないと、開発させない」なんてすれば、もっと資格の価値が上がるかもしれません(笑)

勿論、資格を持っているから出来るとは限らないけど、最低限、通じる「共通の言葉」で話すことが出来るだけでも大きいです

情報処理試験の価値を上げる、活動をもっとして欲しいところですね

#ちなみに、情報処理試験の問題は非常に良くできると思います。日常業務の解決手段を考える意味では、大変有用です
posted by rx8gray at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | システム屋の戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月04日

どこの業界もそうなんだろうなあ

3/2(金)のNHKで深夜やっている「MAGネット」。
http://www.nhk.or.jp/magnet/
今回の特集に、若手アニメーターを育てるプロジェクト「アニメミライ」が紹介されていたのですが、何か今自分がいるIT業界も同じだなあと思ってしまいました。

再放送をやるのか不明なのですが、気になる内容を書いてみると・・
1.仕事が分業になっているので、一部だけしか携われず、全体像が全く見えない
2.誰も内容を見てくれる先輩がいない(見てくれない)
3.納期が短く、作業をこなすで精一杯
4.同じ事しかやっていなくて、数年後に作監と言われても、できない(そもそも指名されない)

これをIT業界の大部分の会社である「請負」または「派遣」系に置き換えると・・
1.システムの一部だけをプログラムする(詳細設計をすることもある)
2.忙しいので、後輩の面倒は見ない(見ても、レベルが低いので、「こんなのも分からないの?」とつい言う)
3.納期が短く、作業をこなすで精一杯(あれ?同じだ(笑))。新しいアイディアなどはとても試せる雰囲気がない
4.同じことしかやっていなくて、数年後にプロジェクトリーダー(あるいはプロマネ)と言われても、できない(やっても、デスマーチで終わる)

何か見ていて、思わず、「ああ・・どこも同じなんだなあ」と思いました(^^;

アニメーターの世界もそうなのですが、IT業界も企画から立ち上げまでを一つの会社でやるところは少ないと思います。どこかで、いわゆる協力会社に頼むことになると思います。
(Googleのようなところは、本当に上から下まで全てやっていそうですが・・)
何故そうなるかと言えば、自社だけでやると、恐らくコストが高いのです。

それで、安いところに頼む

最近は、海外にも頼みますよね。
中国やインドなど・・・

なので、システム全体を知っている人は本当に極一部
(その人も本当に把握しているのか分かりませんがね・・(ぉ )

だから、バグを生みやすいし、破綻もし易くなるのです。

やっている人も恐らく自分としては、しっかりやっていると思います。
しかし、自分がやっているところが何に影響するのかを理解している人は少ないと思います。
それは、全体を知らないからです。
いや、そもそも一部しか渡されていないので、それで全体だと思っているのかもしれません

そして、本来技術は先輩から後輩へ伝承する物なのですが、最近はこの傾向も無いです。
コミュニケーションが取れていないからですね。
でも、同期同士とは、仲間意識があるから、よく話せます。
けど、それじゃ、いつまでも技術継承はされませんね(^^;

まあ、教えるのが苦手な人がエンジニアには多いのも事実。
特に、優秀な人こそ、駄目な人を見ると、直ぐにけなします。
勿論、本人の努力の無さもあるかもしれないけど、それで諦めてはいけません
自分が出来ることを、相手が出来るとは限りませんしね

オイラは、ひたすら教えますよ♪
そうしておかないと、もし、自分がその日に事故にあって、亡くなる可能性もありますしね。
大地震があったのです。いつ何時、常に伝えておかないと、未来は大変なことになるのです

あ・・でも、協力会社の人は教えないかも・・(^^;
だって、他社に知られるの嫌じゃん(笑)
けど、気がつくと、周りに自社の人いないんですよね(ぉ

・・・ちょっと話がずれました。

後、納期の短さ。
これは、気になりますね。
ひたすら、徹夜や休日出勤で対応して、達成感はあるかもしれませんが、それは単にやっただけです。
勿論、何か新しいことを試していれば良いけど、大抵は「とにかく動けば!」で終わっている可能性の方が高いですからね(笑)

これを繰り返していても、確かに、プロマネにはなれないでしょう。
何せ管理の仕方が分からないし、プロマネしている人も、誰もいなかったからなった人も多いので、どうやって良いか分からない。

そして、プロジェクトは破綻する。

けど、誰も伝えない(伝えられない)

やはり、一貫したシステム開発というのは必要ですね。

売り上げ、利益も大事だけど、とても重要なことが失われてしまいます。

今が良ければ!・・ではなく、将来を考えなければいけません

#あ・・・でも、今の政治が、まさに「今が良ければ!」なんですよね(笑)
そこは一般企業や一般の人は、真似しちゃいけないところです
posted by rx8gray at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | システム屋の戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月30日

疲れたら、休むべきだろう

個人的に気に入ったので、メモ(^_^)

やってはいけない“やる気向上策”
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Watcher/20110824/367002/
3つ書いてあるけど、特に3番目が重要ですね

疲れているのに仕事を続けてはいけない
ここにも書いてあるけど、「仕事を切り上げられない」人がなんと多いことかと毎回思います。

オイラなんて、サクッと切り上げちゃうタイプです(^^;
疲れているときにやっても、大した仕事なんて出来ないです。

何か前も書いたような気がするけど、そもそも人間の集中力なんて、そんなに持続できません。長くやれば偉いような風潮がありますが、時間内で、どれだけ多く事をやれるのかの方が重要です

なので、疲れたのであれば、ここにも書いてあるけど、やることだけをメモすれば良いわけですね。

まあ、ゲームで言う「セーブ」ですよ(ぉ

続きは別の日にやれば良いだけの話ですね

#書いてあることが、ちょっとした人ならば、「やっていて当然」のことですね
わざわざ文書化するほどでもないけど、こう書いてあると、説明しやすくて大変良いです
posted by rx8gray at 22:59| Comment(2) | TrackBack(0) | システム屋の戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月09日

無線LAN再構築

実家の無線LANの調子が悪く、接続できない時があるという話を聞いていたので、昨日は再構築をしていました

まずは、基本の再起動。
一応、接続できるようにはなりましたが、時間のかかりそうなページだと、途中で通信が途切れることがあり、直ったとは言い難いものでした。

場所が悪いのかなあと思って、アクセスポイントの近くや遠い場所、回り込む場所と色々やってみましたが、どこも似たり寄ったりです。

無線LAN機器の故障かなあと思ったのですが、まだ買ったばかりだし、それほど使っていないので、壊れるとは思えません。けど、初期不良だったら、交換しても良いかなあと思っていました。

そして、最後に、繋がっているスイッチングハブを見ると、奇妙なLINKの点滅が・・(^^;
ケーブルを外しても、何故か点滅しています

これか!

応急処置として、他に正常に繋がっているケーブルを外し、入れ替えてみたところ、今度は問題無く、無線LANが接続できるようになりました

原因がハブだったとは・・・

とりあえずは、直りました。
あ、スイッチングハブは新しいのを買ってきて、交換しました

なので、今は快適に使えています(^^)b

それにしても、実家が無線LANに対応したので、Mac Book Airにしても良いかなあとちょっと思ってきました
やっぱり来るときの荷物が減るのは大きいですからね♪
11インチだと、ほぼ1kgだけど、13インチだと、300g程度重いんですよね

となると、11インチかなあ・・

けど、画面が小さくなるは、ちょっと痛いですね
今よりは確かに軽いけど、悩みどころです
posted by rx8gray at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | システム屋の戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月06日

量より質だと思う今日この頃

トヨタ社の役員が「若い人たちに時間を気にしないで働いてもらう制度」を懇願しているらしいです
http://response.jp/article/2011/08/03/160391.html
まあ、何でも、韓国のヒュンダイ社は日本よりも年間でも1,000時間も多く働いているので、このままでは、抜かされてしまうとのことです

要するに、今の日本の法律に従うと、年間1,000時間の時間外労働は労働基準法違反になりますからね(^^;
だから、延ばして欲しいとのころ

けどね

その「1,000時間」が密度濃く働ければ、意味のある「1,000時間」ですが、単にダラダラ働くだけでは、何の意味も無い「1,000時間」です。以前も書いたけど、本気で集中してやれば、時間内に終わるし、そもそも人間の集中力は、そんなに持続しないです

だから、「1,000時間」にするより、今の規定時間内で、以下に密度濃く仕事をやるかの方が重要だと思います。
それこそ、この会社お得意の「カイゼン」じゃないんですかね(笑)

大体、ドイツは、日本よりも労働時間は短いけど、日本より優れた車を出していると思います。それが何故なのかを学んだ方が良いかと思います

と言うより、時間がいくらでもあると思うと、ダラダラになりますよ!
期限があるから、「そこまでにやろう」と思うわけですからね
(例えば、夏休みの宿題。やれば意外と早く終わるけど、時間があるので、最終日までダラダラになることが多いです)

けど。

個人的には、もし時間を無制限にして、それに応じて、給料も青天井になるのであれば、いくらでもやりますけどね♪
(まあ、経営者の本音は、如何に安い賃金で、たっぷり働いて貰いたいだと思いますが(ぉ。なんせ、一番のやっかいものは「人件費」だしね)
posted by rx8gray at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | システム屋の戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月25日

サマータイム導入は、やはり効果薄

サマータイムについては、このブログでも
2005年
2008年
と、3年ごとに書いています(^^;



今年、2011年は震災の影響により、サマータイムを導入する企業が増えるようですが、産総研の調査によると、サマータイムの導入は効果が薄いどころか、逆に消費電力が増えるそうです
http://www.aist.go.jp/aist_j/new_research/nr20110621/nr20110621.html
サマータイムにより、すべての人々が生活時間を1時間前倒しすると、14時の電力需要が抑えられる一方、帰宅によって16時に家庭での電力需要が増加し、業務と住宅を合計した最大電力需要は引き上げられる可能性があることがわかった
まあ、今頃発表されてもね・・(^^;

良いと思って導入した企業は、涙目ですね(笑)

でも、このことは、2008年の時に、オイラも書いていたので、分かりきっていたことです。まあ、正しいデータがないので、予想になっていましたが、今回のことにより予想があっていたことになります

ちなみに、逆に、1時間後倒しにすると、全体的には効果があるそうです(ぉ
今回、これをやる企業があれば、先見の明がありますね♪

と言っても、企業毎のサマータイムは、個人的には節電効果は無いかも知れませんが、今回重要なピーク消費電力には、効果があると思っています。
大企業だと、数千人が一斉に朝PCを付けることになりますが、PC起動時が一番消費電力が高いのです。それだけでも、意外とピーク消費電力は上がります。それが他の時間にずれるので、効果があるのではないかと・・

・・って、思わないと、導入する企業が可愛そうなので(爆)
posted by rx8gray at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | システム屋の戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月23日

PCは必要か

先日、同僚や後輩と話していたときに、「家でPCは必要か」という話になりました

ウェブやメールを見るのに必要という方もいるかもしれません。
しかし、今ではスマートフォンや高機能な携帯電話があるので、大抵のことは、PCを使う必要がなくなってきているわけです

まあ、中には、プログラムを作成したり、音楽を作ったり、絵を描く人もいるかもしれませんが、全体的な割合から見れば、ごく一部かと思います。
最近では、音楽や絵は、iPadのようなタブレット端末でも出来るようにもなってきたので、ますますPCの存在がなくなってきている気がします

勿論、仕事で使うことは、今後もあると思いますが、家庭用だと、PCではなく、家電に組み込まれたり、スマートフォンやタブレット端末になっていきそうな感じですね

オイラも最近のPCの使用率を考えると、殆どWebやメールだけなので、別にPCじゃなくても良いような気がしてきました。

あ、ブログ書くときは、文字が多すぎるので、キーボードが無いと辛いんですけどね(^^;
posted by rx8gray at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | システム屋の戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月20日

雑誌だけから得られること

ネット全盛時代の世の中、廃れている物と言えば「雑誌」です。
ふと思えば、購入する数も少なくなりましたし、電車の中でも、週刊少年ジャンプやマガジンを読んでいる人は少なくなった気がします

個人的に、ここ2年くらいで、毎月購読している雑誌は
・Interface
・日経Network
の2冊ですね。

で、今回は「雑誌だけから得られること」について書きたいと思います

事の発端は、昨年末のガンブリア宮殿スペシャルを見ていたときに、確かドワンゴの夏野さんが話していたのが・・・
「雑誌は、自分に興味の無い情報が得られるので、無くならない」
・・・でした(多分、そんな感じの内容)

この言葉で「お!なるほど!」と思いました。

ネットで調べると、山のように情報を得ることができますが、それは「自分の調べたいこと」だけです。自分に興味の無いことは、出てきません。そりゃ、自分の興味のあることを調べているから当たり前と言えば当たり前なのですが、けど、それでは「偏って」しまいます。

本を買うときも同じで、たくさん読んでいても、結局よく見ると、同じ内容の本を買っているわけです。

しかし、雑誌は違います。
自分に興味のある内容は当然載っていますが、興味の無い内容も載っています。

例えば、漫画雑誌で言えば、好きな漫画と全く読んだことの無い漫画です。
でも、その全く読んだことの無い漫画も、読んでみると、「面白い!」と思うことが割とあります。こういうのは、中々ネットを回っているだけは得られません(興味ある物しか見ていないからなのですが・・)

まさに、雑誌だから得られることでしょう。

ちなみに、立ち読みは駄目です。
立ち読みは、興味のあるところしか読みません。全部読む人もいるかもしれませんが、それはちょっと迷惑です(^^;

やはり買うことで、興味ない物もつい読んでしまいます。悲しいかな、貧乏人の性です(笑)。でも、それで今まで興味ない物に興味を持てば、新しい世界が開けるので、楽しい気分になります。

オイラの場合、ここ最近では、ちょっと前にも書きましたが、「.NET Micro Framework」ですね。存在自体も知りませんでした(会社の人にも聞いたけど、やはり誰も知らなかった)。けど、雑誌のおかげで、情報が得られて、試してみたりもできて、大変良かったと思っています

これについては、新年会で友人達と討論しましたが、やはり同じように納得していました。

なんか、最近同じことばっかりで飽きてきたなあと思ったら、雑誌を買ってみることをお薦めします。

きっと新しい世界が見つかりますよ

#そろそろ、「週間東洋経済」を買おうか、どうか迷い中〜
posted by rx8gray at 22:02| Comment(2) | TrackBack(0) | システム屋の戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月30日

.NET Micro Frameworkを試す

おお!なんか技術屋さんっぽいタイトル(爆)

さて。
今月号のInterfaceを買ったら、「.NET Micro Framework」の話題でした。

オイラの仕事は、いわゆるファーム屋さん。ファームウェアを作る人です。ファームウェアとは、ハードウェアを制御するソフトウェアです。
なので、基本的にはC言語あるいはアセンブラで開発することが殆どなわけです。

組み込み系でも、C++やJavaで開発するところもあるようですが、それは上位層の画面表示周り(ユーザーインターフェース)が多いみたいです

で、この「.NET Micro Framework」。
その名の通り、マイクロソフトの開発した.NET Frameworkの一種なのですが、ハードウェア系のサポートが充実しています。
GPIOの操作は当たり前ですが、I2CやSPI辺りもライブラリ化されていて、しかもC#で書けるようです。

ちょっと試してみたのですが、コードは確かに簡単です。多分、今まで、PC上で動作するアプリケーションしか作ったことない人でも作れてしまう気がします。
ファームウェアの世界の間口を広げる意味では画期的なフレームワークだなあと思いました。

しかも、メモリが少なくても、動作するようなので、かなり良いなあと思いました。

ちなみに、オイラの最近作成しているのは、RAMが64Kしかないです(^^;。PCじゃあ、メモリ4GBが当たり前なのにね。
未だに職人の世界の気がします

そんなわけで、もうちょっと遊んでみる予定です。他のRTOSにも乗せられるようなので、わざわざ組み込みLinuxを使うより、日本人らしく純国産のT-Kernel+.NET Micro Frameworkで開発すれば、面白いんじゃないかなあ

その前に、C#をやり直さないといけませんが・・(ここで使うとは思わなかった)
posted by rx8gray at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | システム屋の戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月18日

今度は伝達ミスかあ

1月17日に5つの新幹線が全て停止するトラブルがありましたが、この原因が「表示の仕組みを運用者に伝えていなかった」ことにあるようです
http://www.asahi.com/national/update/0118/TKY201101180470.html
ようするに、処理件数を超えると、表示が消える仕組みになっていたようですが、それが運用者に伝わっていなかったため、システムに異常があったと判断し、停止させたそうな
つまりは、何でもないのに、停止させることになったとのこと

この前の消防庁のメルトダウンに引き続き、また人為的ミスですか・・(^^;

まあ、個人的には、運用者は悪くないです。
むしろ、通常と違うことが起きたので、停止させるのは当然でしょう。
それを伝えていない開発者は本当に困ったものです。

と言うより、線の表示を消す仕組みを入れるのであれば、処理件数が超えたデータを入れたときに、分かりやすいエラー表示を出した方が良いと思うのですけどね
文字が表示できなかったのでしょうか

どちらにしても、伝達ミスで、このような大きなことになるとは・・・

我々も気をつけないといけませんね

#最近、プログラムのバグではなく、オペレートミスが多いのが気になります。
posted by rx8gray at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | システム屋の戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月10日

Smart.fm使って1週間

英語を学習するサイト「Smart.fm」で勉強をし始めてから、1週間が経ちました。

とりあえずの感想なんかを書きます

今やっているのは「TOEIC 600点コース」のリスニング編です。
一番最初のコースでは、単語・熟語で215個出題されるようです。でも、まだ2つコースが残っているので、この後、どうなるかは分かりません

あんまり今詰めても仕方ないので、1日に15個くらいやっています。この調子でやっていくと、意外とすんなり終わるなあと思っていたのですが、しばらく経つと、復習問題として、過去に出した問題が出てきます。
で、その過去問を4〜5回完全に答えられると、マスターになるようです。
なので、最大でも215*5=1075個やらないといけないので、先は意外と長いです(^^;

でも、苦しいかというと、全くそんなことは無いです。どちらかというと、ゲーム感覚でできるので、何か楽しいですね。
止めようと思っても、ついつい、もう1回やろうかなあと思うくらいです。
ちなみに、1回につき、5個か10個の単語・熟語が出てきます。これは設定によります。
自分は5個でやっています。

一見、単語数が少ない気もしたのですが、TOEICの模擬問題を並行してやってみたところ、出題頻度が高い単語のようで結構見かけます。まあ、殆どは知っている単語だったりもしますが、結構練られているんだなあと思いました

一気にやってしまうより、毎日少なくてもコツコツやった方が効率が良いですね。
けど、今日は休みだったので、一気にやり過ぎてしまいました(^^;
まあ、明日から仕事が忙しいので、やれるときにやってしまったのですがね

今のところ、続けられそうな感じです
posted by rx8gray at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | システム屋の戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月04日

Smart.fm始めました

2011年の目標として、「英語の学習をする」ことを挙げたので、英語の勉強をするためのサイト「Smart.fm」を始めました
http://smart.fm/
ネットをウロウロしていたら見つけたのですが、無料でこれだけのコンテンツを用意しているのは凄いです。
何かお金出して英語を学びに行くのが馬鹿らしくなってしまいますね(^^;

最も会話するためには、恐らく英会話教室に通わないといけないのかもしれませんが、今のところ聞き取りと読み書きだけできれば良いと思っているので、これで十分です。

最終的にはテレビのインタビューが分かるようになればいいけど、当面先の話なので、まずはTOEIC600点を目指したいなあと思います

とりあえず、毎日、コツコツ進めていきます♪
posted by rx8gray at 22:20| Comment(3) | TrackBack(0) | システム屋の戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月12日

やる気が出ないので・・

ここ、数ヶ月くらい全くやる気が出なくて困っていました。
やらなきゃいけないことは一杯あるのですが、どうしても今一歩が踏み出せない。

そんなこんなで、このブログを見返しても、ここ数ヶ月は何か詰まらないと自分でも思ってしまいます。

そんな中、良い本を発見♪
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20100901/351666/
「モチベーション3.0」(原文は「Drive」)です。
今年の3月くらいに東洋経済が特集していて、気になっていたのですが、いつのまにやら、日本語版が出ていたみたいですね

まだ、全部読んだわけではありません。
簡単に言うと、成果主義は「モチベーション2.0」です。お金だけに着目して、仕事をしていても、いかに評価を下げないための仕事をしてしまい、最低限の仕事しかしなくなるそうです

多くの日本の企業がこの方式を入れていますが、成功しているところは無いでしょう
あるところがあれば、教えて欲しいところです

ちなみに、「モチベーション3.0」は内面から動くことができるそうです。例えば、Googleなんかは、20%ルールがあり、会社の時間の20%は好きなことが出来ます。それで、多くのサービスが生まれていることも有名な話ですね

ただ、「モチベーション3.0」の状態にするには、最低条件として「十分な報酬を与える」ことがあります。
コスト削減ばかりだと、結局誰も動かなくなるそうです。

なんか、色々納得した内容が多くて、大変参考になりました。
正直1回じゃ、内容を把握できなかったので、後数回読んでから感想を書きたいと思います
posted by rx8gray at 22:28| Comment(2) | TrackBack(1) | システム屋の戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月10日

出口調査

明日は、参議院選挙です。
今日出かけたところに、首相が来たらしいです。
まあ、別に聞きには行きませんでしたが・・(^^;

明日は陰陽座のライブなので、帰ってくる頃には、結果がある程度出ているのだろうなあと楽しみにしています。

日本の将来がかかっていますからね
しっかりと選ばないといけません

ところで、選挙と言えば、出口調査。
ふと思ったのですが、Twitterのハッシュダグを使って、集めることってできないんですかね?

信憑性は怪しいかも知れませんが、ある程度はサクッと集計できるような気がします

誰かやるのかなあ?

まあ、Twitterやっていないオイラが言うのも何なんですがね
posted by rx8gray at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | システム屋の戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月08日

戦略よりも戦術

今週末は参議院選挙ですね
既に期日前投票で、投票を済ませた方もいると思いますが、オイラは日曜日に行ってくる予定です

これから書く内容は、今思いつきで書いています
なんでお、政治に興味がない人は読むのは不要です

続きを読む
posted by rx8gray at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | システム屋の戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月19日

##な話

本日はオランダ戦、見ながら書いているので、乱文になっている可能性が高いです(^^;

ご容赦下さいm(_ _)m
・・と思ったら、1点入れられているし・・
前半、守っただけでも良いか

さて、今日はC言語の「##」の話。
先日、10年近くこの業界で働いている同僚から「このソースにある##って何?」と聞かれました

あれ?知らないの?
・・・と、その時は思ったのですが、調べてみると、本によって掲載されていたり、掲載されていなかったりまちまちのようです。
それ以前に、使い道も普通のコードを書いていると無いものなので・・

新人も多い季節だし、ちょこっと解説

「##」はズバリ連結です。

つまり
abc##def → abcdef
とコンパイラは解釈します

まあ、この場合最初から繋げておけば良い話ですが、例えばフレームワークとして、変数を定義するマクロを作る場合には便利です
#define DECLARE_HOGE( val ) typedef hogehoge hoge_##val
としておけば、DECLARE_HOGE(abc)を呼び出せば、hoge_abcというhogehoge型の変数を使えるようになるわけです
他の所もこれで対処しないと駄目ですが、開発している人はそんなことを意識せずに、使えるようになります

使ってみると、結構便利なので、まだ使ったことない人は是非使って、遊んでみましょう
posted by rx8gray at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | システム屋の戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月13日

ロマンだなあと思ったこと

本日、7年の探査の役割を終えて、探査機「はやぶさ」が無事にカプセルを分離し、その役目を終えたそうです
http://mainichi.jp/select/today/news/20100614k0000m040077000c.html
途中色々、故障等がありながらも、ちゃんと帰ってくるところは健気だなあと思います。

そして、ロマンだなあと思ったのは、その研究者達。カプセル分離をするためには、底面カメラを地球に見えないようにしないといけないそうです。しかし、最後に「はやぶさ」に地球を見せてあげたいそうで、最後のエンジン力を使って、カメラを地球に向けるそうです
http://www.yomiuri.co.jp/space/news2/20100613-OYT1T00056.htm
お使いのご褒美として、地球を見せる。
なんか、ロマンを感じますね。
ちょっと、妄想すると、泣けてきました(T.T)

多分、そのうち、ニコニコ動画かYouTube辺りで、職人さんがそれを上手く表した動画を作って、アップしてくれることでしょう(←相変わらずの他力本願っぷり・・もう、あったりして・・)

なんせ、「はやぶさたん」なんて、フィギュアがあるくらいだし・・(^^;
http://spiderweb.jp/index.php?main_page=product_info&products_id=1005366
posted by rx8gray at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | システム屋の戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

商売っ気がないなあと思ったこと

色々書きたかったのに、時間が無くて書けなかったので、つらつらと最近思っていたことを書いていきたいと思います。

まず、商売っ気がないと思ったこと

先日、某靴屋さんの前を通ったら、こんな張り紙がしてありました
会員様 20%引き
本日会員になった方 10%引き
まあ、昔からのお得様の方を大事にしたいと思う所なんですが、会員になれば、その時から「お得意様」になるわけで、わざわざ値引率を買える必要なんて、ないと思うんですけどね。

第一、この張り紙を見て、初めてこのお店を訪れた方は、多分買わないと思います
これが、今日から会員になれば、同じく20%引きであれば、ちょっと見てみようかなあと思うはずです。あ、勿論、切羽詰まっていれば、多分買うと思いますがね(というより、靴を買うことに切羽詰まっている時って、どんな時だろう?)

ここの経営者は、余程ケチか、商売っ気が無いかのどちらかだろうなあと思いました。

あ、勿論、オイラも別に入ろうとは思いませんでしたけどね(その前に、客があんまりいなくて、大丈夫か?と思ったくらい(^^; )
posted by rx8gray at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | システム屋の戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月06日

コード自動生成について考える

最近、設計・・いわゆるモデルからコードを自動的に生成できる手法が流行っています。

まあ、確かに、仕様書からコードを書くだけであるならば、単価の高い人より単価の低い人を使った方がコストは安くなります。そうなると、どうしても海外に目がいきがちになり、ある意味国内のプログラマはピンチ状態です(^^;(極端な話、国内だと時給1,000円の所を、海外ならば時給500円でできる話)

けど、さらに発展して、設計書からコードを自動生成できれば、そもそもコーディングする人が必要なくなるので、さらにコストが安くなると言う考えです。

でも、実際問題、そのようなツールを使用して、コードの自動生成をしたことがないのですが、どのくらいのレベルで可能なのでしょうか?
まさか、そのまま商用レベルで使えるとは思えませんが、ある程度までは使えるレベルなのでしょうかね
気になるのは、脆弱性のレベルです。
人間がコーディングしているときは、気がつきやすい(それを知らないで、コード書く人が多いのも確かだが、ここではそれを議論しない)ですが、コードが自動的に生成されると、どこに脆弱性があるのか分かりづらくなると思います。

それは「設計」が悪いのでは?と言われてしまうとお終いなのですが、スタックがオーバーしているとかは、設計からでは分かりづらいと思います(呼び出しが多いとか、自動変数が多いとかで分かるのかもしれませんけどね)

なんてことを考えると、個人的には「設計」から「テストコード」を生成してくれる方のが嬉しいような気もします。
もしかしたら、そういう製品が既に存在しているのかもしれませんが、そのような製品であれば自動生成ツールとして使ってみたいですね
posted by rx8gray at 22:06| Comment(4) | TrackBack(0) | システム屋の戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月02日

「夢」の戯れ言企画

GWで休みに入ってしまい、特別なネタも入ってこないので、独村ネタ(^^;

といっても、かなり酔っ造らっているし、いつも以上に支離滅裂な戯れ言になりそうなので、この先は隠します。

気になる方だけ、どうぞ!

続きを読む
posted by rx8gray at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | システム屋の戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。