2010年07月05日

B-CASカードの登録完全廃止へ

一時は廃止が噂されていたB-CASカード。
一番問題であった個人情報を民間会社に登録しないといけないことが、来年3月を持って完全に廃止になるそうです
http://www.b-cas.co.jp/www/whatsnew/100705.html
良いことです。

そもそも登録する意味がよく分かりませんでしたからね。登録しないと、紛失したときに再発行ができないようなことを名目上言っていましたが、ずっと刺している物なのに紛失が殆どないですからね。
逆に、紛失した言えば、再発行できてしまうので、B-CASカードが無い、不正な機器を動作させるために温床になってしまっているのも確かです

まあ、結局の所、この登録はNHKや有料放送の広告のためのものだったんでしょうね(^^;

これからは不要になることは良いことです

どうせならば、B-CASも無くして欲しいんですけどね(笑)

それは無理かなあ
posted by rx8gray at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | DRM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月08日

これは良い傾向だ

東芝が2月に発売した地デジチューナのみを搭載したDVDレコーダに対して、私的録画補償金を上乗せしない方針を決めたそうです
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2009/05/08/23371.html
これは良い傾向ですね。

と言うより、デジタルでは既にコピーについては制限が保証されているわけで、私的録画補償金そのものが無意味になることは分かり切っていることです。
それにも関わらず、金を吸い取るだけ吸い取りたいのは相変わらずなんだよなあ

そう言えば、完全にデジタルメディアであるBlu-rayも課金対象になることが決まったみたいだし、消費者無視の決め方は止めて欲しいと思います。

ちなみに、パナソニックも地デジのみ搭載のチューナーに対しては補償金を上乗せしないようです。

こういう抵抗は今後も続けて欲しいですね

#それにしても、あと2年で完全移行なのに、未だにこんなことで揉めているなんてね。どれだけ、行き当たりばったりでやっているかがよく分かります
posted by rx8gray at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | DRM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月16日

B-CASに変わる方式は何か

最近、地上デジタルの導入を阻害している悪名高い「B-CASカード」の廃止が検討されているようですね。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0810/15/news043.html
まあ、ライセンス料がバカ高いし、よく分からない会社に日本の総人口の個人情報を預けるというのもおかしな話です。

そんなわけで、次にどんな方式で著作権を守るかって話になっているようですね。
ここに書かれているので簡単なのは「ソフトウェア方式」なんでしょうけど、一番破られる可能性が高いのも事実です。
「チップ方式」と「カード式」はB-CASと同じ運命を辿りそうですね。ただ、これはライセンス料を無料とかにすれば、機器自身も安くなるので、個人的には良いんじゃないかと思います。あ、高くなるとかライセンス料取るならば、お話しになりませんけどね(^^;

けど、どれも一長一短なので、無理にDRMなんか考える必要無いんじゃないかなあ。もう、アメリカではダウンロード音楽なんか、DRM無しが主流でしょ。普段は、アメリカの犬になっている日本なのに、こういうのは真似ないんだよなあ。こう言うときは「ヨーロッパでは、うんぬん」と言うしね
(じゃあ、ヨーロッパのように、年間残業220時間規制とか、1日の労働時間は10時間以下をやれ!と思うけど、そういうのはやらないしね。都合の良いところだけ、採用するな!っての。何の個性も無い)

とにかく何になるかまだ分かりませんが、納得がいくものにして欲しいところです。
posted by rx8gray at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | DRM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月28日

これが国民の本音

6/2開始予定だった「ダビング10」がすっかり冷めて、開始できなくなりそうです。まあ、これも例の補償金問題からみなんですけどね(^^;
そんな中、JEITA(電子情報技術産業協会)より補償金に関するアンケート結果が発表されました。
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2008/05/28/19725.html

見てくれれば分かると思いますが、8割以上が反対です。単に払いたくないからではなく、「既に音楽CD購入時等で払っているのに、他の媒体に私的録音するのに何故また払わないといけないのか」という理由から来ています。
当然ですよね。第一、日本の音楽CDの高さは異常です(洋楽とか買うと、本当に安いですからね。あれが適正価格なのかと思いますが)。それなのに、さらにむしり取ろうとしていますからね。あの団体は(笑)

そして、テレビのデジタル放送はコピー制限があるにも関わらず、さらに補償金を取るような話にも当然反対8割近く。これも当たり前。前から言っていますが、補償金を取るのであれば、コピーフリーにすべきだし、取らないのであれば、コピー不可でも良いと思います。コピーも駄目、でも金は取るなんて、ジャイアンかよ(笑)

これだけ国民が声を上げているのだから、そろそろ反応して欲しいところですね。
でも、無理なんだろうなあ。
話し合いが通じないのであれば、日本でもそろそろ平和以外の解決方法をするしかないのだろうか?
posted by rx8gray at 21:52| Comment(3) | TrackBack(0) | DRM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月14日

分からないことが問題

JASRACネタ2連発(^^;

まず、以前、「JASRACに公取委が立ち入りへ」で書きましたが、公取の立ち入りについて、一体どこが問題か分からず不満なようです。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0805/14/news099.html

次に、以前、「そっちがそうなら、ダビング10なぞいらない」で書きましたが、本日、タビング10の延期が正式に決まったようで、それについては、メーカー側は補償金とのセットを飲まないので、メーカーの主張が分からないと言っているそうです
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0805/14/news108.html

なるほどね。
自分達の主張がどうして通らないのかが分からないようですね。
これは問題です。

と言うか、普通に考えれば分かりませんかね?
もう、JASRACなんて別に偉くも何でも無いんですよ。後ろに国がいるのかもしれませんが、そういう時代は既に終わっているわけです。
既に、道路だけでも何に使われるか分からない税金を取られているのに、補償金なんて、さらに何に使われているか分かりません。本当に、著作権者に渡っているならば良いですが、研究費と言う不透明な所にも使われているしね。

それに、今はJASRAC以外の業者もいますので、JASRACの意見だけ通るわけ無いでしょう。いつまでも、自分達が天下を持っていると思わない方が良いと思います。

個人的には、今回のメーカーの対応は素晴らしいと思います。
それで良いのです。
別に、タビング10にこだわる必要はないしね
posted by rx8gray at 23:06| Comment(3) | TrackBack(0) | DRM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月08日

ダウンロード違法化法案、提出断念

今国会で、提出が一時期話題になっていた「ダウンロード違法化」法案が提出断念となったようです。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0805/08/news060.html
まあ、これは良いんじゃないかなあ。
ダウンロードの定義が曖昧だったので、もう少し煮詰めてから提出をするなり、しないなりを決めて欲しいところです。

この法案問題は、何をダウンロードすると駄目なのか?と言うところなんですよね。
勿論、録画したテレビ番組とか、市販のアプリケーションとか、そういうのが違法であるのは、誰でも分かると思いますが、写真だったり、文書だったり、そういうのも場合によっては、違法になる可能性も高いという話もありますしね。
ワンクリック詐欺ならぬ、ダウンロード詐欺なんかも登場しそうな感じもしますしね。
posted by rx8gray at 23:06| Comment(2) | TrackBack(0) | DRM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月06日

そっちがそうなら、ダビング10なぞいらない

以前から出ていたiPodへの課金問題ですが、どうやら文化庁へ提案する方向で話が動いているようです。
http://www.asahi.com/culture/update/0505/TKY200805050202.html
うーむ。
まあ、課金対象はiPod等の音楽プレイヤーと録画するハードディスクレコーダーなので、汎用PCとか携帯電話は対象から外されたから、まだ良かったのかなあ。

上記だけならば、良かったんだけど、下記の部分の非常に腹が立っています。
一方、著作権団体の「秘策」は、6月2日から導入する方針の「ダビング10」の拒否だ。デジタル放送のテレビ番組を自宅のハードディスク内蔵型レコーダーなどに録画した後、DVDなどに9回複製できる新しい方式だ。

 著作権団体は導入の条件として補償金の賦課などを求めてきた。補償金を課せないなら、新方式に同意できないという考えで、ニーズの高まる北京五輪までにメーカー側が受け入れを決断する、というシナリオに期待している。
ダビング10の延期理由って、これだったの?ヽ(`Д´ノ
もうね、アホかと。

つーか、あの長野の聖火リレー見て、日本じゃ既に北京五輪なんて、とっくに冷めていると思いますよ。なので、個人的に、ニーズは期待できないと思っています。そもそも、この物価高騰時代に、誰が好んで、嗜好品に手を出すのでしょうか?生活必需品で一杯一杯でしょう。
それに、正直「ダビング10」では、ユーザは誰も満足していません。利権者団体(つまり、あんたら)とどうしても折り合いがつかずに、一応双方が落ち着いた苦肉の策でしょう。なのに、今度はiPod課金を許さないと、「ダビング10」を許可しないなんて、虫が良すぎる話です。

そっちがそうであれば、正直「ダビング10」なんていらないです。つーか、もうFriioが出てきた以上、どうでも良いのです。いくらでも無制限ダビングなんて出来ます。今から方式を変えれば、2011年のデジタル化までには全世帯移行できないですからね(笑)(それは、どっちにしても出来ないと思うけど・・)

それに、こんなにわがままだと、将来的には損するのは利権団体でしょう。一番強いのは、利権団体ではなく、それを買っているユーザ(国民)であることがまだ分からないのかなあ

#まさか、人質(?)取るとは思わなかった(^^;
posted by rx8gray at 21:12| Comment(2) | TrackBack(0) | DRM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月10日

デジタル放送にした意味って何だったのだろう?

以前、デジタル放送のコピーが9回まで可能になることを書きましたが、その正式名称が「ダビング10に決定したそうです」
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20071009/jeita.htm
まあ、これで別に納得したわけでは全くないのですが、以前よりは大分進歩したので、マシかな?程度です。このままごねていても、当然良いのですが、恐らく話はいつまでも進まないだろうし、やる気もないだろうからなあ。さっさと寿命か何かでこの世から消えて欲しいところです(ぉ

一番オイラが問題視していた「既存のレコーダーは対応するか?」なのですが・・
現在発売されている録画機はダビング10に対応していない
予想通り対応しませんでした(^^;。コレは流石に無理ですね。そもそも現在のコピーフラグは2ビットしかないので、
00・・コピーフリー
11・・コピー不可
01・・コピーワンス
にしたら、後は「10」しかないし、これじゃ回数保持できないしね

と言うわけで、買い直し決定です・・_| ̄|○
まあ、これが早く買った物の宿命なんですけどねヽ(´ー`)ノ。当分は使いますが・・また変わる可能性もありますしね

けど、個人的に意外だったのは・・
なお、新運用ルールでは、アナログ接続経由のコピーも見直される予定。従来は録画済みの番組をアナログ出力する際には「録画不可」となっていたが、ダビング10以降は回数制限なしのコピーが許可される。
アナログ出力するとコピーフリーになること。如何に今までのアナログが使い勝手が良いのか示していますね。
しかし、こんなことをやられると、数千億円もお金を掛けた全国デジタル放送化って一体何だったのか?

単に「全く見ても面白くないテレビコンテンツ」を守るだけに、無駄なお金をかけたのでしょうかね?そのお金を福祉に回せば、どれだけ良かった事やら・・
posted by rx8gray at 21:46| Comment(4) | TrackBack(0) | DRM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月17日

DTCP-IP対応すればなあ

本日のPS3で遊ぼう!的な企画は、PSPからリモートプレイすることで、同じネットワーク内にあるRD-X6の録画映像をPSP上で再生するというものです。

オイラが2005年末に買った「RD-X6」はDLNAに対応している当時としては珍しい機種。
PS3はDLNAクライアントになることが出来るので、X6の録画データを閲覧することが出来ます。

さらにPSPからリモートプレイ接続することで、今度はPS3がロケーションフリーサーバになるので、PSP上でRD-X6の録画データを閲覧することが出来ます♪

画像自身も悪くなく、遅延もそれほど感じないので、これは便利ですね。まだ、試していませんがインターネットを使ったリモートプレイも出来るそうなので、機会があったら是非試したいと思います。

んで、唯一の不満はRD-X6もPS3もDTCP-IPに対応していないことです。何と言っても、最近の録画は殆どデジタルで録画しているので、DLNAでは見ることが出来ないのです(^^;。DLNA2.0(1.5?と言う話も)になったら、盛り込まれるようなのですが、そこまでお預けなのかなあ

と言うか、PS3は今まで経歴からシステムアップデートで対応してきそうだけど、RD-X6はまず対応しないだろうなあ(^^;。なんせ今年の3月以降アップデートが1回もないしね。やっぱり、現行機を優先しますよね。

とりあえず、PS3が対応してくれることを祈ります(-人-)
posted by rx8gray at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | DRM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月29日

見逃した番組をダウンロード可能に!

あ、日本じゃなくて、イギリスの話です(^^;
英BBCで、過去7日間で放送された番組を視聴できるサービスが開始するそうです
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0707/28/news008.html
これは良い!(・∀・)
と言うかオイラが理想としていた「テレビ放送のオンデマンド化」です。

そもそもいつでも見られるようになれば、別に録画する必要なんて全くない訳なので、コピーの問題なんかも考える必要はないでしょう(全ての放送をコピー禁止にすれば良い)
録画する理由は、放送時間に見ることが出来ないので、タイムシフトしたい(時間をずらして見たい)ユーザが殆どだと思います。
それなのに、今の日本は「コピーは1回」とか訳の分からない事を言って、放送側がやたらと権力を持って主張するから、いつまでも終わりのない平行線の話が続くわけです。

それにしても、こういうサービスは日本でも是非導入して欲しいところですね
時代は変わったのだから、戦後間もないサービス提供と同じだと、時代遅れになるのは当たり前なんですけどね。
常に「進化」が必要なわけです
posted by rx8gray at 22:12| Comment(2) | TrackBack(1) | DRM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月26日

やっぱり何の成長もないJASRAC

去年、「何の成長もないJASRAC」と言うエントリでこんなことを書いていました
iPodだけでなくパソコンも含め,私的録音への対応を考えたい。パソコンはオーディオ専門機ではないが,音楽配信サービスの利用実態に着目して補償金の対象としたい

さて、それが今回どうなったかと言うと・・
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0707/26/news114.html
「iPodなどのポータブルオーディオレコーダーや録音機能のついた携帯電話、PCなども補償金の課金対象に加えるべき」
全く変わらないヽ(´ー`)ノ
いや、正確に言うと、携帯電話も対象になることが増えたかなあ(笑)
それにしても、一昨年から全く言っていることが変わらないなんて
本当に何の成長もないなあ
つーか、頭を使う気はないのだろうか?

いつまでも、こういうアグレッシブな話し合いをしているから、いつまでも話が進まないわけです。
コミュニケーションで重要なのは、アサーティブ。自分も相手も大切にすることなんです。それがないうちは、どっちも譲らないし、我々も不満な状態が続くわけです。

こちらは、コピー制限を受け入れるつもりなんだから、あちらは、補償金制度を無くすこと位のことはして欲しいですね
posted by rx8gray at 23:06| Comment(2) | TrackBack(0) | DRM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月18日

DRMを分かっているのだろうか

例の私的録音録画補償金を中間搾取する団体らが「コピーが9回までOKになったのは、補償金制度のおかげだ」とほざいているそうです。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0707/17/news102.html
と言うか、この記事だけだと、何回読んでも、コピーが9回になった理由が補償金制度のおかげなのか全く分からないのですが・・

そんなわけで、本当の声明も読んでみました
http://www.jasrac.or.jp/release/07/pdf/07_3.pdf
??
そもそも、「コンテンツへのリスペクト」と「クリエータに対する適正な対価の還元」なんかはDRMがある方がより簡単に出来ると思います。デジタル的に管理できるのだから、例えば何回コピーしたとか、そういう情報が持てるので、ある一定を超えたら、お金を払わないとコピーできないとかにすれば良いだけです。
補償金制度じゃ、不透明でしょ。第一、どこにお金が使われているか全く分からないしねヽ(´ー`)ノ

補償金制度があるからこそユーザーは自由に録音・録画できるが、DRMはユーザーの私的利用も制限する
別に補償金制度があっても、自由に録音・録画が出来ないでしょ。第一、コピーを1回に制限していた時点で、既に自由じゃないしね。まあ、今のDRMは乱立しているので、使いづらいのは確かです。どこかに統一はして欲しいですね(それが、Appleになるか、Microsoftになるか。はたまた別な団体になるかは分かりませんが)

検討委員会で実演家団体は『コピーは3回まで』と主張していたため、9回という数字は納得できるものではない
・・・あの〜
補償金制度があるから自由に録音・録画できると言っておきながら、回数は制限しているなんて矛盾していませんか?
むしろ、補償金制度があれば、回数無制限にするべきだと思いますよ。
言っていることが、ムチャクチャだなあ。こりゃ
それと、回数制限することが「DRM」ですよ。分かっているのかな(笑)。

結論
この団体は、お金が欲しいだけ

以上

でも、さっきも書いたけど、DRMさえ統一的な規格になれば、この問題解消すると思うんですけどね。統一されれば、どんな機器でも使えるので、ユーザに不便にはならないと思います

#誰かオープンソースで作らないかな>また、他力本願
posted by rx8gray at 22:34| Comment(3) | TrackBack(0) | DRM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月09日

コピー9回まで可能になる?

全く時間がないので、個人的メモとして残しておきます
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20070707it01.htm
かいつまんで言えば、現在コピー1回(正確にはムーブ)しかできないデジタル放送番組をコピー9回まで許すそうです。
そして、10回目はムーブになるそうな

詳しく読んでいないけど、随分中途半端な数ですね。3人家族が3機種って・・(^^;
子供が一人しかいないことを仮定しているのかなあ・・

今日は時間がないので、また明日読むことにします
posted by rx8gray at 23:26| Comment(1) | TrackBack(0) | DRM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月05日

日本の企業ならここまで言えないなあ

Appleが日本の文化庁に対して、「私的録音録画補償金制度は即時撤廃すべき」と強く非難したそうです
http://japan.cnet.com/apple/story/0,2000076557,20350151,00.htm
さすがはApple!!
ここまで言えるなんて、まさに漢ですな(笑)

オイラもこのブログで色々書いてきたけど、Appleの言っていることはどれもが書きたかったことを表現してくれました。
この辺は流石に海外の企業ですね。

日本の企業だと、国が怖いものだから、こんなことが言える大企業なんてまず無いしね(^^;

それにしても、世界でデジタルオーディオプレイヤー等の携帯機器に対して、悪名高い私的録音録画補償金制度を導入している国って、たったの11カ国しかないんですね。
最初、日本の文化庁だかJASRACだか忘れたけど、「世界の多くが導入している」なんて話をしていたような気がしたけど、嘘だったんだなあヽ(´ー`)ノ
これで別に、『私的録音録画補償金制度』を導入する意味は全くなくなりましたね。

まあ、元々金儲けの制度な訳だったし、ここいらでやり直すのも良いんじゃないかなあと思います。

Appleがここまで言ったのだから、他にも携帯機器プレイヤーを出しているところは、ドンドンこういう発言はすべきですね。
今の政府はボロボロです(^^;
叩くなら、今が絶好のチャンスでしょう
posted by rx8gray at 22:53| Comment(5) | TrackBack(1) | DRM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月22日

CD使用料が値上げ。レンタルへの影響は?

携帯プレーヤーの課金とか、DRMの導入とか、色々と音楽業界はここ最近騒がれていますが、見て見ぬふりをされていたのが、いわゆる「CDのレンタル業界」。
安価に、しかも発売日からそれほど経たなくても、CDを借りることが出来ます。1回借りてしまえば、今の時代ならば、即リッピングとかも出来ますからね
そんな、レンタル業界ですが、いよいよCD使用料の値上げが決定したそうです
http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20070421AT1D2003K20042007.html
これは、ユーザ側が払う料金ではなく、レンタル会社がレコード会社に払う使用料が上がるだけなので、直ぐには影響は出ないと思いますが、当然レンタル会社はどこかからその上がった料金を手に入れないといけないので、最終的にはユーザ側のレンタル料金が上がることになるのは間違いないと思います

いくらとははっきりとは分かりませんけどね(^^;
CDを頻繁にレンタルしている方は、気をつけた方が良いと思います

それにしても、この値上げ名目の料金名が「需要拡大協力金」とはねヽ(´ー`)ノ

良いコンテンツを出せば、何もしなくても需要が拡大することがまだ分からないのかな?
posted by rx8gray at 22:04| Comment(3) | TrackBack(0) | DRM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月21日

やはり変わりそうにない地デジ

半年くらい前に、「地デジコピーワンスはいよいよ解除か?」と言う中で、現在、デジタル放送の使い勝手を非常に悪くしている「コピーワンス」(いわゆる録画は1回。コピーはダメで、移動のみ可能)を家庭内の使用に限り、無制限にするような話が出ていましたが、結局の所、やっぱり回数制限になるようです。
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20070418/131108/

がっかり・・_| ̄|○
しかも、今のところたったの3回ヽ(´ー`)ノ
さらに言うと、ジャンルで制限をするような話も出ているようですね

それにしても、回数制限を設けるなんてナンセンスですね。
ビデオのような機械を一体誰が使うと思って、このような議論をしているのでしょうか?
オイラみたいな、PCマニア、機械マニアならともかく、一般人にとっては恐らく「回数制限」があることさえ理解できないでしょう。

んで、出来なくなると、「何で出来なくなったの?」で呼ばれるわけですよ(笑)
そして、彼らに「回数制限があるから」と言ったところで、「前は出来たよ」と言われるわけです(^^;
「いや、デジタルになったから」とでも言えば、「デジタルって不便だね」って感じになりますね(母親に説明したとき、そんな感じだったから、一般の人はこのレベルだと思われる)

まあ、まだ完全に決定したわけではありませんが、「回数制限が出来る」と分かった以上、今後デジタル放送のコピーに関しては、回数制限が掛かることは間違いないですね。

と言っても、最近のテレビ事情から考えれば、これでも良いかもしれませんけどね。
そもそも、「魅力的なコンテンツ」が全くないからなあ。回数制限どころか、録画して、撮っておく気にもなれません
面白そうだなあと録画して、見て5分で、削除していった番組が何本あったことやら・・_| ̄|○

この状況のままだと、間違いなく、アナログ放送が終了したら、テレビを見る人が半分くらいはいなくなるんじゃないかなあ
posted by rx8gray at 23:15| Comment(6) | TrackBack(0) | DRM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月09日

最後まで聴けないCD

最後まで聴くことが難しいCDが発売しているそうです
http://www.oricon.co.jp/news/music/43458/
何故聴くことが出来ないのか?
それは、このCDが快眠に入りやすい環境を整えてくれるからです♪
実験によれば、平均6分半で眠りにつけるそうな。
そのため、最後まで聴くことが非常に難しいそうです(^^;

まあ、人にもよりますが、最近中々寝付けない方は買ってみてはいかがでしょうか。

あ、ドライブ中に聴くことは危険です(^^;
(ただし、1,4,7,10曲目で聴けば問題ないらしいです)
posted by rx8gray at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | DRM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月03日

DRM無し音楽が配信

英EMIがDRM無しの音楽を配信することが決定したそうです
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20070403/emi.htm
大いなる決断ですね
しかし、非常に素晴らしいことだと思います。
DRMが無くなることで、色々なデバイス間での相互運用性も良くなりますし、余計なことを音楽データに加えていないことで、音楽も高音質になることは間違い無しです。
勿論、コピーやネットワークへのアップロードの問題もあるかと思いますが、そもそも音楽CD自身がDRMなんて無い(悪名高いCCCDは除く(^^; )ものですし、どんな凄いDRM付けてもいつかは破られるときが来るので、そんな面倒なことに無駄なお金を掛けるくらいだったら、より良い音楽を提供した方がどちらも幸せになれることは間違いないでしょう。

けど、問題は「日本ではどうなるか」ですね

なんせJASRACが牛耳っていますからね・・この国はヽ(´ー`)ノ

最終的に世界の中で、取り残される気がします
6カ国協議みたいにね(笑)

変なところばっかし取り入れないで、こういうところは日本も見習って欲しいところです

参考「Appleが後押ししたDRM無し音楽配信への道」
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2007/0403/hot475.htm
posted by rx8gray at 22:32| Comment(4) | TrackBack(0) | DRM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月04日

家電業界の逆襲が始まった

今まで放送業界に「コピーワンス。ムーブで対応しろ」など良いように言われてきましたが、いよいよ家電業界による逆襲が始まったようです
http://it.nikkei.co.jp/digital/news/index.aspx?n=AS1D0109S%2002082006
松下、ソニー、シャープ、東芝、日立の5社で、ネットワークによる大量動画配信を行える共通規格を作るそうです。しかも、他社にも安く解放するとのことで、場合によってはPC用も作られる可能性は高そうですね。

この規格専用のサービスとかもあるようなので、本気で地上デジタルいらないんじゃないかな?
時代はIP放送になりそうな予感です。
IP放送ならば、サーバ型放送。いわゆる、いつでも、あらゆるコンテンツが見られる可能性もあるので、オイラ的にはこっちの方が嬉しいかな♪

肝心の規格は来春まとまって、製品化されるのは2007年末なので、特に今デジタル放送に興味がなければ、テレビを購入するのは、ここまで待った方が良いかもしれませんね

さて、放送業界はどういう対応してきますかね?楽しみになってきました
posted by rx8gray at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | DRM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月15日

もらいすぎだろう

久々のJASRACネタ・・(^^;

実は数日前に非常に興味の深い記事・・
http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0606/12/news005.html
があったのですが、W杯だったし、旬が過ぎてしまったのであえて書きませんでした。
(ちなみに、この記事はこの記事で大変素晴らしい内容です。いわゆる音楽家から見たJASRACに対する感想。平たく言えば、「音楽家さえ、どのように著作権料が分配されているか知らない」「著作権は全て音楽出版会社に取られ、50%天引きで音楽家にお金が入る」・・何のための団体なの?)

しかし、それより衝撃的な記事がコレ!!
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/0615/mobile345.htm
記事の内容は勿論良いのですが、この中で年間1,000億円の著作権料が入ることが明記されています。
値段も凄いのですが、その用途がまたビックリ!
曖昧に徴収された著作権料は、実に曖昧に配分される。実はそれだけではなく、JASRACそのものの収入(著作権料のうち運営費として計上されている金額、約150億円)の根拠が薄く、ほとんどが理事の報酬になっているという問題もある
ほとんどが理事の報酬・・・
ほとんどが理事の報酬・・・
ほとんどが理事の報酬・・・
( ゚Д゚)ハァ?
つまり、この人にお金を払うために、我々は音楽を買っているの?

バカバカしくなってきたヽ(´ー`)ノ
本気でこの団体潰れてくれないかな?
まじに、日本の音楽文化を駄目にしていますよ!

既にDRMの仕組みが出来ているというのに、中間搾取者が管理する必要なんて全くないのです。こういうのがいるから二重に著作権料を払う必要があって、音楽の値段がガンガン上がっているわけですね

“どうせ何も変わりやしない”って? それは間違いだ。何もしなければ変化はない。しかし何か声を上げれば、それが伝搬し、世論の一部となるのがインターネットではないか。
同意。
皆さんも是非反対の声を上げましょう!
せっかくネットで発言できる世の中ですよ
posted by rx8gray at 23:11| Comment(11) | TrackBack(0) | DRM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。